文と暮せば

文鳥飼育の記録

文鳥まつり2021

横浜モアーズで開催中の文鳥まつり2021にお邪魔しました。

ビル風吹き荒ぶ夕方でしたが、会場には多くの文鳥ファンの皆様が集まっておりました。

戦利品はこちら。

f:id:bunkuraseba:20211023222545j:image

さりげなく文鳥をアピールできるボールペン

f:id:bunkuraseba:20211023230502j:image

夕方と夜のおなかのポストカード

f:id:bunkuraseba:20211023230627j:image

小粋な桜文鳥のポストカード

f:id:bunkuraseba:20211023231301j:image

文鳥一筆箋 頭が平たくてにこちゃんのよう

f:id:bunkuraseba:20211023231507j:image

キャルキャル文鳥靴下

f:id:bunkuraseba:20211023231820j:image

大好きなまんがBUNCHO BOX

f:id:bunkuraseba:20211023232036j:image

ステンレスマグカップ

二羽の距離感がぶん(←)とにこ(→)にそっくりですそして私はど近眼…

f:id:bunkuraseba:20211023233050j:image

お目当ての白樺パーチとフィンチ向け手作りおもちゃも購入できました。

f:id:bunkuraseba:20211023225832j:image曲がり具合が素敵な止まり木とフォレイジングにも活用できそうなおもちゃ。

ここにいるどのひとのお家や空*1やこころのなかに、それぞれ大事な小鳥が密かにしまわれているんだなと思うと感慨深かったです。

明日はついに文鳥の日ですね。

どの子も楽しい一日になりますように。

*1:ジュール・ルナール「博物誌」によると、風見鶏もちゃんと天国にたどり着く…ので、我々の愛した小鳥が天へと飛翔するのは必至です。ルナール Jules Renard 岸田国士訳 博物誌 HISTOIRES NATURELLES